どすこいひっぱり饂飩 太 山形県山形市 小川製麺所

どすこいひっぱり饂飩 太 山形県山形市 小川製麺所

 パッケージの表紙が、アニメ調で、おすもうさんがうどんを手にしたという斬新なデザイン。この乾麺を買ったときには、あまりに斬新なデザインと斬新なネーミングゆえに、中味はダメだろうなと思いました。しかしこの予感は崩れました。とてもおいしいうどんだったのです。
 パッケージの裏面には「寒い時期、ゆで上がったうどんを水洗いすることなく鍋から直接自分の箸で食べる方法を『釜揚げうどん』と言います。特に山形県産尊地方では、鍋から引っ張るということで『ひっぱりうどん』の名で呼ばれています」と書かれています。
 タイトルについては「ちゃんこ鍋にも使用可能なことから『どすこいひっぱり饂飩』と命名しました。」と書かれていて、納得です。裏のイラストにある行司の背中がいいですね。
 ゆで時間は10分。名称はうどん。原材料名は小麦粉(国内産)、食塩。内容量は500g。製造者は山形県山形市 小山製麺所。

どすこいひっぱり饂飩 表紙.JPG


どすこいひっぱり饂飩 裏.JPG

 パッケージを開けて乾麺を手に取り、大鍋にパラパラと入れていきます。いい感じでゆであがったころ合いを見て、一本すくって流水で洗ってチュルン。おっ、おいしい。モチモチした噛み応えのある食感。さらに数本すくって流水で洗ってチュルン。おいしいすどんです。
 温かいつゆで食べました。口当たりも極上なうえ、程よい強さの噛み応えもあります。
 ひっぱりうどんでも食べました。うん、これは恐ろしくおいしい。小麦のおいしさやうま味がストレートに感じることができます。ひっぱりうどんで食べるのはよい乾麺ということでしょう。おいしい乾麺です。

どすこいひっぱり饂飩 太 山形県山形市 小川製麺所
乾麺評価:☆☆
個性評価:☆
2020年2月18日食

どすこいひっぱり饂飩 乾麺.JPG

どすこいひっぱり饂飩 麺.JPG



ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

芸工大OB
2021年03月11日 13:44
東北芸術工科大学学生と、佐渡ヶ島部屋後援会長がオーナーのスーパーおーばん、そして山形の製麺会社の産学連携の商品です。おっしゃる通りアニメが期待値を下げるかもしれませんが、中身は間違いのない美味しい商品です。
日本の乾麺 Kanmen of japan
2021年03月11日 17:45
芸工大OBさん

コメント、そして情報ありがとうございます。

>東北芸術工科大学学生と、佐渡ヶ島部屋後援会長がオーナーのスーパーおーばん、そして山形の製麺会社の産学連携の商品です。

なんと、このような深い事情があったことはパッケージには書かれていなかったので、勝手なことを書いて失礼いたしました。
そして、情報ありがとうございました。
地乾麺を探して日本各地を走りまわっています。
私もたぶんこの「どすこいひっぱり饂飩」は「おーばん」で買ったものと思います。

>おっしゃる通りアニメが期待値を下げるかもしれませんが、中身は間違いのない美味しい商品です。

はい、そのように思います。
とてもおいしいうどんでした。
デザインのレベルが高かったので、中身とのバランスを心配したのですが、デザインも中身もとても良かったです。