テーマ:讃岐うどん

讃岐うどん 川田製麺 香川県さぬき市

讃岐うどん 川田製麺 香川県さぬき市  久しぶりの讃岐うどんでした。パッケージに歯大きく「讃岐うどん」の文字があります。少々の文字とゆであがった麺のシンプルなデザイン。ゆで時間は13分。名称は干しうどん。原材料名は小麦粉・食塩。内容量は450g。製造者は株式会社川田製麺 香川県さぬき市。  あーっしまった、ち…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

石丸 讃岐うどん 創業目明治37年 香川県高松市 石丸製麺

石丸 讃岐うどん 創業目明治37年 香川県高松市 石丸製麺  別の店で買ったにもかかわらず、これも先日食べたばっかりの石丸製麺の別の乾麺でした。まあこれもおいしいだろうと思ってたべてみましたが、やはり讃岐うどんは裏切りません。違いは、先日の麺は楕円形だったのに比べ今度の麺は角型麺なところです。  パッケージの袋の表には石丸 讃岐…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

讃岐うどん 全国おいしい麺処 (昭和産業)

讃岐うどん 全国おいしい麺処 (昭和産業)  讃岐うどんの乾麺は東京などの大都市のスーパーマーケットで簡単に買えます。これもそんな讃岐うどんの乾麺のひとつ。乾麺の讃岐うどんは、どれも没個性的であまりおもしろくありません。いや、おいしくないわけではないのです、どれも完成度が高いものばかりではありますが、どんぐりの背比べ的な感じは否め…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

讃岐うどん 石丸 香川県高松市 石丸製麺

讃岐うどん 石丸 香川県高松市 石丸製麺  東京都内のスーパーなどで買える、乾麺の讃岐うどんをいくつか試してみました。まずはトップバッターの讃岐うどん石丸からです。  パッケージの表には「粉・塩の違いが分かる」と黒字に色抜きのプリント、金色の小麦の小さいイラスト、屋号の石丸マークが赤色でプリント。かなりごついデザインです。  …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

讃岐 釜あげうどん (株)さぬきシセイ 香川県高松市

 「讃岐釜あげうどん」の名前につられて、近所のスーパーマーケットで購入しました。パッケージの袋には四国の地図のイラストがあり、香川県を「讃岐の国」と記しています。後は釜あげうどんの写真が付いています。釜あげ専用のうどんでしょうか。  パッケージの袋の裏面に書いてある、お召し上がり方の説明は、あくまで釜あげうどんの作り方の説明しかありま…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

麺しるべ 讃岐うどん 香川健観音寺市 マルキン コシ重視のうどん

 讃岐うどんは日本のうどん界のトップブランドと言っていいでしょう。その讃岐うどんの乾麺です。先日もマルキンの讃岐太うどんを紹介しましたが、あれはあくまで「讃岐太うどん」で、今回食べたのはただの「讃岐うどん」です。僅かばかりですが、こちらのほうが細いですね。東京のスーパーマーケットで購入。  パッケージはシンプルで「本場の指南役 腰との…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

麺しるべ 讃岐太うどん 香川健観音寺町 マルキン 小麦の香りとコシの強さ

 この春に讃岐に行きました。しかし讃岐うどんの乾麺は、そこにはドキドキする乾麺はありませんでした。手軽に讃岐うどんが食べられる讃岐では、讃岐うどんは乾麺で食べる風習はないのでしょうか。これが東京のスーパーマーケットあたりではけっこう売っています。乾麺はそれぞれの地方と密接なつながりがあるのですが、最近は出かけることが少なくなったので、乾…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more